性病の種類と治療方法について

性病は、性的接触により誰でも感染する可能性がある感染症です。性病の種類としては、クラミジア、ヘルペス、コンジローマ、梅毒、淋菌、カンジダなどがあります。これらの性病は、性器や口腔などによる性的接触を介して感染する特徴があります。感染しても無症状の場合も多く、症状がでても尿道炎やおりものの増量、喉の違和感などの比較的軽い症状の場合もあるため、感染した人が気付かずに他の人に感染させる可能性もあります。
治療方法は、それぞれの性病に合わせて適切な治療を受けることになります。基本的には、男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科を受診することになります。大きい病院であれば、性病科を設けているところもあります。
クラミジアや淋病は、1週間程度抗生剤を服用することになります。クラミジアは、最も頻度の高い原因菌とされています。女性の大部分が無症状であることがその原因のひとつです。治療せずに放置していると不妊や子宮外妊娠を引き起こすリスクが高まるため、早めの治療を受ける必要があります。最近では、口腔を使った性行為により、喉への感染も増えています。淋菌の場合も、おりものや下腹部痛の症状があらわれますが、無症状で経過する人が多い病気です。クラミジアと同じように不妊や子宮外妊娠のリスクを高めます。
コンジローマの場合は、性器や肛門の周りにイボができます。コンジローマは、コンドームをしていても感染することのある性病の一つです。イボは、性行為で表皮に損傷を受けやすい部位にできやすいです。放置しているとイボが大きくなったり、数が増加していきます。女性の悪性型の場合は、子宮がんに移行することもあるため、外科的治療を行うことが多いです。
■様々な感染症に効果
ジプラックス
■ヘルペスに効く
バルトレックス
■すぐれた殺菌作用
ジスロマック 通販